太翔館(下関市立豊北歴史民俗資料館) 
 〒759-5511 山口県下関市豊北町大字滝部3153-1 TEL083-782-1651
 
 
   下関市豊北町は、西は響灘、北は日本海に面した本州最西端に位置する漁業と農業の町です。  
   この町に大正13年(1924)に建造された旧滝部小学校は、鳳凰が両翼を広げたような美しいたたずまいの  
   建造物です。ルネサンス様式の石造建築を木造建築に取り入れた構造で、大正期の代表的な学校建築  
   として昭和54年(1979)に県の有形文化財に指定され、豊北町歴史民俗資料館として活用されて来ました。  
    そして平成19年度から23年度の保存修理工事を経て、大正時代創建当時の姿に復原しました。  
     
     
   多くの皆様に郷土の貴重な文化財を体感し、ご活用いただければ幸いです。  
     
    愛称「太翔館」について  
     
   「太翔館(たいしょうかん)」は、平成23年11月17日リニューアルオープンして新たなスタートを切った  
   豊北歴史民俗資料館の愛称です  
   「太翔館」の名称は、平成23年6月~9月の4か月間、市報等で資料館の愛称を募集し、  
     ①短く覚えやすい言葉であること  
     ②旧滝部小学校がイメージできるような言葉であること  
     ③小学校建設に深くかかわった中山太一氏がイメージできるような言葉であること  
   の3つを選考基準として決定いたしました。  
     
   太」は中山太一の「太」、「翔」は建物の形が両翼を広げた鳥の姿と、未来に向けて羽ばたく子ども達の  
   姿をイメージしています。  
     
    建物沿革  
     
  明治8年 (1875) 滝部八幡宮境内に滝部小学校の前身である開誘小学校を創設  
  明治17年(1884) 大庭小学校の開誘分校となり、校舎が現在の資料館の位置へ移動  
  明治28年(1895) 高等科を併設し、滝部尋常高等小学校へ改称  
  大正13年(1924) 滝部村出身の実業家である中山太一ほか2兄弟による、約57,000円の多額の寄  
            附(当時の工事費約70,000円)により、講堂、東教室棟を新築、  
            西教室棟を改修、新校舎落成  
  昭和54年(1979) 山口県指定有形文化財(建造物)に指定される  
  昭和54年(1979) 滝部小学校の新校舎竣工  
  昭和55年(1980) 豊北町歴史民俗資料館として開館  
  平成17年(2005) 合併して下関市となり、下関市立豊北歴史民俗資料館へ改称  
  平成19年(2007) 一時閉館し、文化財保存修理工事が始まる  
  平成23年(2011) 西教室棟が文化財に追加指定される  
           文化財保存修理工事が完了。リニューアル開館し、現在に至る  
     
     
     
     
     
     
※このホームページの文章・画像などの複製・転載を禁じます Copylight(C)太翔館(下関市立豊北歴史民俗資料館)2014 All rights Reserved